TOPICS

ゴミ屋敷 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    BBAが真剣に老いじたくを考える

    典型例なので、我が家を例にとりますと。 介護される婆(母)と介護するBBA(娘)の2人暮らしです。 2人暮らしではありますが、実質娘の独り暮らしと変わりません。 娘の異変時に。 母は気付けるか? 救急車が呼べるか? 入院の手続きが出来るか? 手術の承諾書にサイ...

    tamakd

    やりたいことしかやりません

    読者になる
  • 2位

    特養の申し込み 渾身のラブレター

    前回、お話した通り 年末に義母 要介護3の取得に成功しました。 詳細→要介護3が取れた!! 忙しない年末 もちろん、 理論的に言うと、 要介護度なんて上がらない方が良いけれど 受けれるサービスは、受けたい ワタシは以前から、特養が気になっていました。 詳細→ある特養へ電話してみた。 要介護3は、特養に申し込める絶対条件です。 例外もあるらしいけど、普通はまず受け入れられない。 もちろん、この時点では、 あくまでも 「申し込みできる」 ってだけです。 今時、 特養っていうのは、 人気の所は 何百人も待機待ち が普通。 非常に世知辛い。 しかし、ワタシは出会ってしまったのです! ステキな特養に!! 詳細はココ→ 夫へのイライラ 新しい目標 ワタシの手元には、その特養から送付された案内資料があります。 何度、それを見たことか。 もちろんパンフレットなんてアテにならないかもだけど、 建物は綺麗だし、言ってることも感じが良い。 青猫達の行きやすい立地だし、 パンフの本当に働いているスタッフさん達の表情も、良い感じだよ。 最初の電話からして、優しい感じで、 もう、言うことないよ。 しかも、比較的新しい所であるので、 まだあまり世間に認知されていない。 これは、 待機人数が少ない ってこと。 大チャンス到来!! 気分は、 フライングゲット! (ちょっとネタが古いけど。) ここは、気合を入れて頑張りたい所です。 ちなみに、 今、義母がいる老人保健施設だって良いところなのです。 でも、老健は、あくまでも一時待機場所。 ここで、ずっと特養の待機をしてる方もいる。

    青猫

    義実家の介護とゴミ屋敷と葛藤と

    読者になる

「その他生活ブログ」 カテゴリー一覧