• 1位

    こんな服はもう捨てよう。50代が捨てた春服、5つのポイント

    服の断捨離、6年目私はちょうど50歳になったとき、重い腰をあげて大々的な片付けをはじめました。引越し以来開けたことがないダンボールも、使わない布団も、趣味じゃない食器も、もう読まない本も、「あれもこれも捨てたい」と強く思いながら片付けてきました。なかでも、もっとも減らしたかったのが服で、欲しかったのも服でした。入れ換えたかったのです、古臭い服も太って入らなくなった服も衣替えのたび手入れだけして収納す...

    原田さよ

    さよのシンプルライフブログ

  • 2位

    スーパーで買う商品の5割が衝動買いという事実にビックリ(笑)

    「買い物でムダ遣いはしない!」誰だって、そう思っているはずですよね?でも、実際には・・・近代的なお店には、「お客が買いたくなる工夫」がいたるところに施されています。ですから、何の警戒もせずに歩いていると、すぐに脳が刺激されて、衝動的にレジに

    ちゅら

    持たない暮らし、使い切る暮らし。

  • 3位

    【ミニマムワードローブ】夏の洋服計画、2019年は10着。

    真夏の洋服計画。 ブラウス 3ジャケット 1パンツ1スカート2ワンピース 3(2)合計 10(9) (今はこれに加えカーディガンを着用。) 夏の服の適量は? ボトムスはパンツとスカート合わせて3着。ワンピースもあるので、ボトムス3着は多い気もしますが、パンツを履きたいシーンとスカートをはきたいシーンは異なります。また、夏は汗もかいて、昼にシャワーを浴びて着替えるような日もあるので、ある程度枚数が必要。夏休みの帰省や旅行も考慮すると、適量かと思います。 www.cozy-nest.netトップスのうち、2枚は前を開けて羽織にもなるので、ワンピースと重ね着もします。ワンピは買い足してからまだ古いも…

    尾崎友吏子

    cozy-nest 小さく整う暮らし

  • 4位

    奥山佳恵、恐ろしい汚部屋を公開・・・そして片づけ

    最近は女優業で活躍している奥山佳恵さんが、自身のブログで汚部屋を公開しました。勇気ある・・・モノが沢山ありすぎて片づいていないタイプの汚部屋でしたが、収納にも工夫して、なんとか床が見えるようにもなりました。まだ半分ぐらいは減らせそうですね。好感度アッ

    みにマル

    シンプル&ミニマム ときどき汚部屋

  • 5位

    これを捨てて私は幸せになった。私がミニマリストブログを書く理由。

    今日は家族のお話です。私がミニマリストになったルーツ、とも言える私の家庭。「人を変えたい。だけど人って変えられない。変えられるのは・・自分だけ。」そんな言葉を巷で聞くと、私は父のことをいつも思い浮かべてしまいます。大きな広い屋敷に溜め込んだたくさんのモノ(ゴミ)。「不潔だから、危険だから、火事になるよ、手伝うから、業者さんに依頼するお金を払うから、一緒にやろうよ、綺麗にしようよ。」私たち家族が何を言っても処理するどころか、頑なにモノを溜め込む父親の姿。それはまるで傷ついた父の心を守る鎧のようにも見えるし、バリケードのようにも見えます。強いこだわりの・・塊。 モノが少ないと自分を内観する時間が生…

    彩透(さいとう)いろ

    贅沢ミニマリスト

続きを見る

続きを見る

続きを見る

続きを見る

「その他生活ブログ」 カテゴリー一覧